よくよく考えてみれば、求人を閲覧できる媒体というのは、実にたくさんあるということに気付きます。それは、たとえばハローワークにある求人であったり、タウンワークなどの求人情報誌であったり、フロムエーナビなどの求人サイトなどです。  これだけたくさんの求人を閲覧できる媒体があれば、高校生からお年寄りまであらゆる老若男女が、求人情報を手にすることができると言って良いと思います。  そして、こうした求人がきちんと編集されて紹介されているから、私たちは不自由なく求人を探すことができるというわけです。ですので、こうした求人を作る人たちが、どんな風に求人を紹介するかにより、私たちが快適に求人を探せるかどうかが決まってきます。  いくら条件の良い求人があったとしても、それが見つけづらいような掲載方法だったり、求人情報がきちんと整理されていなければ、私たちはそのより良い求人を見つけることができません。  ですので、企業からの求人を編集する人たちというのは、求人においてとても重要なポジションだと私は思います。